読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live the Life You Love

熱しやすく冷めやすい

同い年

V6 のみなさん、21周年おめでとうございます!

1995年にデビューして21年、同い年ってなんかちょっと嬉しいよな。

言っても、この素敵なグループに出会ったのはつい最近。もちろん存在は知ってたし、歌もなんだかんだで学園祭とか修学旅行とかで使わせてもらってた。「Honey Beat」とか「WA になっておどろう」とかね、青春時代の定番やんね。

 

お母さんが岡田准一くん好きで、割とドラマとか見てたけど俳優としての岡田くん。特に「軍師官兵衛」はハマった。もともと、あの時代好きやってんけど感動したよな。そういうので見てると岡田くんはジャニーズのアイドルっていうよりかは、顔の濃い俳優さんって感じやった(顔が濃いってのは余計)

あとは井ノ原くんね。

メリット先生。笑 

あさイチ。

瀬戸朝香さんの旦那さん。以上。笑

 

V6 って言ってんのに何人組かさえ知らんかったもんなー。あ、でも森田剛くんはママが厳ついって言ってたから何となく認識してたかな。

 

まぁ基本ジャニーズ興味なかったからね。特に歌に惹かれるわけでもなく、ジャニーズって言ったらSMAP、嵐、関ジャニ、NEWS、KAT-TUN、Hey Say JUMP、Sexy Zone。

あれ?意外と知ってる?笑 ゆーて名前だけね。デビュー順とかメンバーとか年齢は全然知らんかった。SMAP が一番上でその次が嵐やと思ってたもん。笑 

なんでかわからんけど、TOKIO、KinKi Kids、 V6 は知ってたんやけど年齢とか何周年とか全くわからんかったからどこら辺の人なんかな?って。申し訳ない。

 

そんな失礼極まりない私が今更V6 に堕ちた理由ってか経路はズバリ!三宅健くん

しかも向井康二くんからのやねんな。なにきん、まいジャニにハマって(また今度書く)向井康二くんが番組内で三宅健くんのモノマネしてて、ほんまに似てるんかな?から入った。たぶんかなり珍しいパターンやと思う。

そっからあの独特な声に魅了されて、歌声が気になってV6 の歌聴いて惚れた。ジャニーズなめてた。ほんまにみんな上手くてびっくり。そこから、そういえば「V6 の修学旅行」っていう企画パロディを「テニスの王子様」の立海バージョンで見たことがあって「元はこれか!」って。笑 まさかこんなところで繋がるとは。

 

で、トークも聞きたくなって、みんなの関係性に惹かれた。まさにグループそのものに堕ちた。あの俳優、岡田准一が末っ子だなんて。ちょっと変態気質やなって思ってたのがメンバーに仕込まれたものやったなんて。最年長の坂本くんと10歳も離れてるなんて。ドラマ見ただけで、あの官兵衛から誰が想像できる?改めてすごい俳優さんやなって思った。

 

それからどんどんグループみんなにハマってる。もちろん歌にも。ひとりひとりもそうやし、関係性も。こんな素敵なグループ他にはないと思う。

 

 

21年、誰1人欠けることなく続けてきてくれてありがとう。好きになってまだ少しやけど、これからも応援させてください。坂本くん、長野くん、イノッチ、剛くん、健くん、岡田くんの6人が笑っていられますように。大好きです

素敵な化学反応

前回アミューズのハンサムライブについて書いたけど、今回は「ストラボ東京」っていう番組について。

 

かっこいい俳優さんたちが素でトークするインターネット番組があることを知ったのも、ちょうどYouTube でハンサムライブ2011を見てるとき。

 

初めは裕太くんのしゃべってるところが見たくて「Frogs TV」っていうのを再生した。そこにはあの生成くんもいて、2人は放送事故ギリギリなんちゃうんってぐらいのダブルボケみたいな化学反応をふんわりした雰囲気の中ふつうにやってた。そこはかなりのカオス状態。

「この2人がそろうとこんなに面白くなるんか」ってコンビの大切さに気づいた気がする。笑

そこからミュージカル「Frogs」にも興味持って、それが再演であることを知って、初演も見てみた。ゲストで来てた平間壮一くん、植原卓也くん、青柳塁斗くん、風間由次郎くん、栁澤貴彦くんのことをもっと知りたいなって。

先輩たちに可愛がられてる裕太くんは同い年ながら、かなり可愛かった。笑

 

生成くんの最年少やったときの感覚がいつまでも抜けへん感とか、先輩らがこの2人を宇宙人とか言いながらも大切に思ってる様子とか、すごい素敵やなって思ったらもうすでに深いところにハマってた。先輩・後輩関係って素敵!

 

アミューズだけで舞台やったりしてることも知って、それの直前生番組とか最高すぎる。ブログ読んだりして、みんな独特の感性を持ってるなって感じて、お互いが良きライバルであり、大切な同志って思ってるところとか、惹かれへんわけがないやんな。

 

あと、個人的に面白いなって思ったのが「劇団プレステージ」アミューズの中の劇団やねんけど、俳優さんたち自身で舞台を作って宣伝して当日もサポートするような人たちやねんな。みんながみんなイケメンなわけじゃないけどとにかく面白い!これもまた今度書こう。笑

 

たくさんある中で面白かったんが

「Frogs TV」

「ハンサムチャンネル」

「ハンサム新聞社」

「ハンサム放送局」

「たけるTV」などなど。題名あってるかわからんけど、他にもたくさん。

 

 

「ストラボ東京」は生放送番組やけど、「OKAWARI会員」みたいな制度があって、月額いくらかでアーカイブが見放題らしい。

見出したら絶対ハマってしまうのが目に見えてるから私は登録してへんけど、時間がある人はぜひ見てほしい!なんかストラボ東京の回し者みたいになってしもたけど、それぐらいリアルタイムで見たいっていう願望の表れやなってことで。笑

 

歌って踊る俳優たち

何でもそつなくこなす男性に惹かれへんわけがない。

これまたYouTube でたまたまアミューズの俳優さんたちがAKB48 の曲をカバーしてる動画を発見。

お世辞にもそんなに歌が上手いとは言えへんかったけど、何となくリピートした。「何でこの人たち歌って踊ってるんやろ?」

これが最初の正直な感想。

そこから「ハンサムライブ」の存在を知った。年に一度、応援してくれる人たちのためにコンサートを行って日々の感謝を伝えるもの。すごくいいと思った。みんなで年末集まって、言葉、素の表情、歌声、ダンスで魅せる。何て素敵な事務所なんやろう。上手くなくてもいいから楽しむっていうコンセプトにかなり興味をそそられた。

 

最初に見たんは2011年のライブ動画。その頃は他のアーティストさんたちのカバーばっかりやったけど、どこかしら温かかった。汗だくになって時には涙しながら全身で感謝を伝えるみんなはキラキラしてた。

「佐藤健くんって歌うんや、こんな声なんや」って。一番びっくりしたんは神木隆之介くんが歌ってること。あの天才子役がAKB48 を踊ってる光景はなかなかシュールやった。そこに裕太くんはおらんかったけど、アミューズのハンサムたち全体の雰囲気を好きになってんな。

 

からの2012年、裕太くん初ハンサム。この年はオリジナル曲をユニットごとに披露してCD まで出した。1年でかなり歌と表現が上手くなったなって思った。

それぞれが異なる場所で走り抜け、年末にみんなが集まって刺激しあって高め合う。そんな成長を見れるところ、それがハンサムライブらしい。今までテレビで見たことなかった人とか、ドラマに出てても特に気に留めへんかった人にも出会えるのがいいな〜って。

 

例えば裕太くんの隣にいてお互いさらに天然なところというか、不思議なところが生かされる相方、平埜生成くん。めちゃくちゃイケメンってわけじゃないけどオーラがあった。どんな人なんかすごい気になった。それから桜田通くん、どことなくこの顔知ってるな〜って思ったら意外とドラマとかに出てたらしい。その他にも知れば知るほど全体的に好きになってんな。

2012年のユニットごとの歌も好きで俳優も舐めたもんちゃうなって感じた。今となってはYouTube の動画もほとんど消されてCD 買っとけばよかったなって後悔するぐらい。

ハンサムライブに行ったことはないんやけど、今年もあるみたいやからこの1年で成長したところをお互いぶつけあって来年の仕事に生かしてほしいなって思う。

 

自分ハンサムさんたちの何やねんってぐらいかなり上から言っちゃったけど、俳優もやりながらファンへの感謝を直接伝えてくれるハンサムさんたちを尊敬してます。アミューズに入ってくれてありがとう。毎年こんな素敵なライブをしてくれてありがとう。少しでも多くの人がアミューズのハンサムさんたちに興味を持ってくれますように。

懐かしい出会い

青春時代を共にした「天才てれびくん」

 

年を重ねるごとにだんだん見いひんようになってきた。一番のピークは「Max」の時代。2007年〜2009年まではかなり必死で見てた気がする。内容的には2007年が印象に残ってるねんけど、歌は「夢のチカラ」が大好き。

MTKも全体的にすごいよくて、歌の上手い下手関係なく歌詞がすごい好きやった。 いわゆる黄金時代なんちゃうかな?ってひそかに思ったりして。

 

当時とりわけ好きやったのは、重本ことりちゃんと丸山瀬南くん。って言っても卒業した後を追うようなことはなかった。

厚かましいこと言えば、中学の同級生的な感じ。たまに「今頃あの子どうしてるかな〜」って。ことりちゃんはDream5 として活躍してたから、何となく成長を見てきたんやけど、他は全然。やっぱり芸能生活辞めちゃうんかな〜、なかなか役者として成功するんは難しいかな〜って思ってた。

 

高校生なったとき、偶然にも再会したのが小関裕太くん。(もちろんテレビ上で見ただけ) 大きくなっててびっくりした。佐藤健くんが好きで、「ビターブラッド」っていうドラマ見ててんけどたまたまそこに裕太くんが出てて「この子知ってる!」って。そんなに好きやったわけじゃなかったけど顔見てすぐわかるんやからすごいよな。笑 そっから急に今までどうしてたんかが気になって調べた。笑 だって全然テレビで見いひんかってんもん。

そしたらカルピスのCM とか出ててtwitter 上ですぐさま話題に。やっぱりみんな青春時代を共に過ごしたんやな〜って。さすがNHK。笑

天てれ卒業してからはミュージカルに出てたらしい。確か歌が上手かった記憶があったから試しに裕太くんが歌ってる動画をYouTube で見てみてんな。そん時はミュージカル見たことなかったし、最初わけわからんかった。容姿とか全然違うし、歌も上手いのか下手なのか。笑 でも何回かリピートするぐらいハマった。

 

これが私とミュージカル「テニスの王子様」との出会い。 それからアミューズっていう事務所自体に惹かれ始めたきっかけになった。 裕太くんの動画見て、「そう言えばこの子、独特な雰囲気持ってたな〜」って。天然というか、いい意味で変わってる。それから、しばらくアミューズの最年少として可愛がられてたらしい。 なんか、ジャニーズとはまた違ったイケメンがアミューズには揃ってるねんな〜。笑顔が可愛らしくて個性が強くて独特な感じ?

 

 

とにかく、裕太くんにハマってからミュージカルとアミューズに興味持ち始めた。それぞれについてまた別の記事に詳しく書こうかな。今日はここまで。

ポジティブガール

実際に会ったことないし、ほんまの人柄なんてわからへんけど、記事や動画から感じたことを元に何で私が伊藤千晃ちゃんという女性に魅力されたのかを書こうと思う。

 

AAA を知って、まず目がいったのが女の子2人。失礼な話、最初は男の人が多くて区別がつかんかった。

メンバーの中で一番小さくて笑顔が素敵な女の子。これが第一印象。決して悪口を言うつもりはないけど、歌やダンスがとびぬけて上手いわけでもなく、トークで仕切るわけでもない。ただただ、メンバーの話をにこにこしながら聞いてる子。それが千晃ちゃんやった。

前の記事でも書いたように、私がAAA を知ったんは「逢いたい理由」あたり。その頃はにっしー、直也くん、宇野ちゃんが中心に歌ってたから、千晃ちゃんの声すら全然知らんかった。でも、全然足を引っ張ってるようにも見えへんくて言い方悪いけどハンデなんて一切見えへんかった。きっと努力の賜物なんやろうね。

入った時期も1人遅くて、ただでさえ女の子で小柄やのにみんなと同じようにダンスして、かっこいいなって。

 

知れば知るほど惹かれていった。見た目のふわふわした感じとか、どっかしら抜けてるところ、意外とサバサバしてて男子メンバーと対等に話すところ、みんなからいじられて楽しそうにしてるところ、芯がブレないところ、メンバーとファンを大切にするところ、それを口に出して言えるところ。言い出したらキリがない気がする。笑

 

最近ではどんどん歌割も平等になって、昔から知ってる人からしてみれば、何でなん?って感じかもしれんけど、それだけの実力がついてきたんやと思う。昔のAAA にしか歌えへん曲、今のAAA やから歌える曲。だてに11年も一緒にやってへん。

11年経った今、メンバーはそれぞれソロとしても多方面で活躍してるよな。もちろんみんなすごいんやけど、女の私からしてみれば、自分のコスメグッズをプロデュースして、世界中の女の子を可愛くしてくれる千晃ちゃんは尊敬でしかない。

 

 

きっとたくさん叩かれたよな。宇野ちゃんといつも比較されて傷ついたこともいっぱいあったやろな。でも、それでもいつも笑顔で私たちを幸せにしてくれる千晃ちゃん。その優しさに何度も救われてます。それに比較されるってことは、同じ土俵で戦えてるってこと。かなりポジティブな捉え方するけど、お互いがいいライバルで尊敬しあってて、大人になった今、心の底から信頼し合える2人になってるんちゃうかな?一ファンとしての願望かもしれんけど、みさちあの関係性はきっとビジネスなんかじゃなく、素の2人なはず。昔はバチバチしたかもしれん。お互いのファンによる愛に苦しくなったかもしれん。でも、それがあったからこそ今も女の子2人、男の子5人にいじられながらも愛されてる。

 

千晃ちゃんがAAA でよかった。宇野ちゃんが隣にいてくれてよかった。AAA みんなが一緒にやってきてくれてよかった。

 

たくさんの優しさをありがとう。これからもその笑顔をこっそり見守らせてください。

11年間の魅力

9月14日といえばそう!AAA 11th anniversary

11周年おめでとうございます。この7人が出会えたことに感謝。11年間、デビュー前も入れたらもっとか、続けてきてくれたことに感謝。支えてくれる全ての人に感謝。

 

すごいな~11年か、長いな。みんなアラサーやもんね、全然見えへんけど。

 

みんなの笑顔にすごく元気をもらえます。仲良さげな雰囲気や、歌、ダンス、トーク、演技、言葉、表情。全てが魅力的できっと7人が同じ1つのグループやったからこそお互いに刺激しあって高めあってきたんやろうなって。

 

にっしー

歌はもちろん表現力も高くて、AAA の絶対的エース。ギャグセンスも高くてみんなのテンションを上げるためならその整ったイケメンな顔も使って顔芸しちゃうようなメンバー愛にあふれたところが好きです。最近はソロ活動が忙しそうやけど、もっとメンバーにいじられてにこにこしてるにっしーが見たいな。ストイックなところも好きやけど、あまり無理しんといてほしいな。

 

なおやくん

誰もが認めるAAA のリーダー。年齢的なことだけじゃなく、みんなを引っ張っていく素質があると思う。にっしーとはまた違った歌の上手さ。自らボケて、まとめるというよりはむしろ一番子どもっぽいかも。笑 嫌なことや間違ってると思うことをちゃんと口に出して言えるところが好きです。そのせいか一部の人に誤解されることもあるみたいやけどなおやくんは間違ってへんから、その信念を貫いてほしいな。

 

うのちゃん

昔からの歌姫。AAA のキーパーソン。歌も上手くてスタイルもよくてオシャレ。いじられるときもあれば女王様っぽいところもる。男子に負けたくないって一生懸命なところが好きです。みんなを引っ張っていってくれる裏のリーダーかもしれんと思ってる。男子メンバーと仲良くして叩かれることも少なくないかもしれんけど、みんなと絡んでにこにこしてるうのちゃんが好きやから、ネットの評判を気にせんと、自分のしたいようにしてほしいな。

 

だっちゃん

ラップで我が道を切り開くAAA の天才。優しくていつもにこにこしてるところが好きです。才能がありながらも努力を惜しまへん。だっちゃんなら1人でもやっていけるような気がするんやけど、ソロでの活動はグループと完全にわけてる。だっちゃんはほんまに器用やなって思うけど繊細な感じもするから、みんなでいるときは何も考えんと楽しんでほしいな。

 

しゅーた

真の優しさを持つ男前。かなりの努力家で笑いのセンスも高い。はしゃぐときははしゃいでメンバーをいじって、でも実はすごく優しいところが好きです。感謝の気持ちをストレートに表現できる人。身体能力も高くてダンスもキレキレ。あんまりしゅーたの苦しさとか見たことないから、みんなといるときはみんなを頼って少しは甘えてほしいな。

 

ちあちゃん

AAA のお母さん的存在。天使のような笑顔で女子力も高く、自分磨きを惜しまへん人。やのに意外と料理できひんっていう。笑 努力家で自分のしたいこと実現させて周りの人に感謝できるところが好きです。うのちゃんと比べられて叩かれることも多いけど、それにめげずにみんなを幸せにしてくれる包容力はグループにとって絶対必要やと思う。ちあちゃんはネットの評価気にしてへんかのようにみんなを平等に愛してくれるけど、もっと自分も愛されてることに自信もってほしいな。

 

しんちゃん

いつまでたってもAAA の末っ子。でも意見も的確で冷静。勉強熱心で自分の夢を叶えちゃうところが好きです。ファンのことすごい考えてて、家族とメンバーを大切にしてる。歌もどんどん上手くなって、表現力も努力とか経験に伴ってる。ブログとかの更新もたくさんしてくれて嬉しいけど、たまにはゆっくり休んでいつまでも末っ子でいてほしいな。

 

ほんまにみんなが大好きです。

人生のタイミング

せっかく自分の趣味というか、まぁ好きなものについて書こうと思ってブログ作ったのに、なかなかの割合で日頃のこと書いてるよな。笑

 

このセメスターでコミュカレ生活最後やねんけど、2年間いろいろあったな〜。来てみたら思ってた以上に日本人多くて、それでも少ない方やから全員把握できるっていう。割とコミュニティができちゃってカフェテリアでたまってたな〜。先輩たちは1個前のセメスターで卒業しちゃったから、今学校におるんは同い年か同期か後輩だけ。男の先輩とどう接していいかわからんくて、かなり誘い断りまくってただのノリ悪いやつ極めててんけど、気づいたら大切な存在やった。でも、もし高校卒業してすぐの夏にこっち来てたら、こんなにも同い年の子たち含め、日本人と仲良くしてへんかもしれん。人生タイミングよな。いつもたまってた場所に来てみては、もうおらへんのやな〜って実感してすごい寂しくなって。大袈裟やけど失ってから気づいたんでは遅いってわかってたはずやのに、結局は同じことを繰り返してしまうんやもんね。ほんまアホやな自分。

 

2016年の目標、「会いたい時に会って、やりたい時にやる」って決めたのに達成できてへんやん。

 

新学期始まるたびに新しい子たちに期待して、一生つるめる人探すことに必死になりすぎ。大切な人って気づいたら側にいるもんやのにね。

 

今のこの一瞬一瞬を大切にしよう。もっと周りを見よう。ひとつひとつの出来事、出会いにはきちんとした意味があるはず。他人と比べるのはいい加減やめよう。

 

アメリカ来るとき決めたこと、ブレてるよ。他の人が留学してるのを見ては、何で自分にはアメリカ人の友達ができひんのやろ?って悩んだりしてきたけど、ホストファミリーと住んで、インターナショナルの友達がいて、授業でスターゲイジング行くことになれば夜遅くにわざわざ迎えに来てくれる人がいる。自分に興味を持って質問してくれる人、理解しようとしてくれる人。そんで日本には一番大切な家族がいる。なんて幸せなんやろうか。ほんま恵まれてるよね。

 

アメリカ来る前にママがくれた言葉、「あなたはどこに行っても楽しんで、自分のものにできるんやから自信持って行ってきなさい。アメリカでしかできひんことたくさんしておいで」ちゃんと果たせてるかな?

 

「なるようになる」

 

自分自身の人生に誇りを持って生きていこう。八方美人って言われても、綺麗事やなんて言われても、周りの人みんな大切にしよう。そもそも、そんなこと言うの一部の日本人だけ。笑

 

他の人とは違うなんてこと思わんくていい。だってみんなそれぞれ違うから。高校卒業して受験こそしたものの日本の大学行けんくて、突発の思いつきのようなものでアメリカ来て。ママとの約束を果たすまであと少し。ここまで支えてくれた全ての人に感謝。これからは恩返ししていけるようにしんとね。これが私の、私にしかできひん自分だけの人生。起こりうる全てのタイミングに気づけますように。小さな何気ない優しさに気づけますように。少しでも誰かの役に立てますように。

 

いつもありがとう。これからもよろしくね。